寝ぐずり対策に読み聞かせ

赤ちゃんが寝ぐずりを起こす場合に、私達は環境を静かにすれば起きないのでは?と思ってしまいます。

ですが、これも、赤ちゃんによりけりで、シーンとすると不安になって目を覚ます赤ちゃんもいるのです。小さな赤ちゃんは、私達が話している内容を理解する事は出来ませんが、聞きなれた声で安心感を得る赤ちゃんもいます。

赤ちゃんにとっての話声は、音楽と同じようなものなんですね。ですから、寝ぐずりを起こす赤ちゃんには、小さな声で話し掛けるというのも一つの方法になります。

例えば、絵本の読み聞かせは、赤ちゃんの情操教育(喜怒哀楽などの感情を育む教育)に有効ですが、昼と夜では絵本の内容も変える必要があります。赤ちゃんが活発に動いている昼は、好奇心を満足させるような大冒険やファンタジー物の絵本がいいでしょう。

ワクワク、ドキドキさせるような内容の絵本は、子供の好奇心を刺激して身体を動かすのに有効です。しかし、これが夜になると、大冒険やファンタジーは気持ちを高揚させてしまい眠れなくなり赤ちゃんの夜の大冒険が始まってしまいます。夜には、もっと、落ち着いた話を選び、リラックスして眠りにつけるように工夫しましょう。

昼間に読む絵本では、オーバーな振り付けや大きな声が有効ですが、夜はそこまでしなくても構いません。特に、小さな赤ちゃんの場合には、話の内容のうんぬんより、親御さんの声が聞こえるのが大事です。地声が高い人は、少し低めにして、囁くような声で絵本を読んであげましょう。

手元に絵本が無い場合には、他愛ない世間話も有効です、今日一日、何があったかを話してあげましょう。ただ、その中でも赤ちゃんを褒めるような話は、最初に持っていきましょう。最後に持ってくると、赤ちゃんは褒められて興奮し、眠りから遠ざかってしまいます。

それから、家族の愚痴や、赤ちゃんを叱るような事は止めておきましょう。例え、意味があまり分からなくても、ネガティブな内容は赤ちゃんを哀しい不快な気分にさせてしまいます。

以上のような事を踏まえて、読み聞かせを行う事で、赤ちゃん寝ぐずりを改善しましょう。

寝ぐずり対策に効果絶大。ベビーキャーリーについて

このページの先頭へ