歯ぐずりは寝ぐずりの原因の1つ

 赤ちゃんの寝ぐずりの原因には、歯ぐずりという原因も上げられます。

歯ぐずりとは文字通りに、乳歯が生えてくる時期の事で、早い赤ちゃんだと生後半年では乳歯が生えてきます。もちろん、赤ちゃんは乳歯が生えてくるという事への準備などありません。なので、歯茎がウズウズすると、赤ちゃんは不快になり寝ぐずりを起こしてしまうのです。

この歯ぐずりを止める対策となると、残念ながらありません、乳歯は成長の過程で生えるので仕方ありません。ですから、ただひたすら赤ちゃんのご機嫌を取って、この時期をやり過ごすしかないのです。比較的に寝ぐずりが無い、赤ちゃんでも、この頃はうって変わって寝ぐずりが増加する場合があります。

それで、びっくりする親御さんもいるようですが、歯ぐずりを頭に入れておくと対処がしやすいでしょう。歯ぐずりが始まる兆候としては、母乳だけの頃よりもよだれの量が増加してきます。よだれの量が増加してくると、赤ちゃんは、今度は、口の中に何でも入れてみるようになります。それは、歯茎が強くなり、物の感触が分かるようになった成長の証なのです。

赤ちゃんが口の中に物を入れるのは怖い感じもしますが、安全な物ならドンドン口に入れさせてみせましょう。こうする事で、歯茎が強くなり、離乳食も上手に食べられるようになります。それと同時に、口を閉じてよだれを飲みこむ技術も覚えるので、よだれ掛けも要らなくなるのです。

赤ちゃんによっては、歯ぐずりの時期、乳歯が生える際に歯茎を傷付けて出血する場合があります。こうなると一大事です、赤ちゃんは大泣きしてしまいますからね。

傷口に染みるので、暖かい離乳食も嫌がってしまい、寝ぐずりもヒートアップしてしまいます。この場合の対策としては、傷口を冷たいもので冷やす事、離乳食も冷たいものにするなどで工夫しましょう。

また、歯ぐずりの時期の赤ちゃん用にゴム製の歯ブラシも発売されています。歯茎がウズウズする赤ちゃんは、このゴムを噛む事で歯茎が鍛えられるので試してみてはいかがでしょう?

寝ぐずり対策に効果絶大。ベビーキャーリーについて

このページの先頭へ