必殺寝ぐずり対策グッズ

小さなお子さんを連れての移動はお母さんとしては心配ですよね?

お子さんは、周囲に気を使ったりしませんから、どこであろうが気分次第で寝ぐずりを起こします。困った事には、「ここでぐずらないで、、」とお母さんが思うとお子さんは不安になり余計にぐずります。

このような場合に、役に立つのが寝ぐずり対策グッズです。

まず、思いつくのがお菓子ですが、ぐずる度にお菓子では栄養が偏ってしまいます。お菓子は、最後の手段として取っておいて、それ以外のグッズを使っていきましょう。意外なグッズとしては、シールがあります、キラキラシールやポッコリシールは比較的赤ちゃんが興味を持ちやすいです。見た目のキラキラや、シールが張りつく不思議さが、お子さんを夢中にさせるようです。

それから、これは不思議なんですが、小さなお子さんは、ペットボトルが大好きです。寝ぐずりを起こしそうになったら、ペットボトルを見せて振ったりすると効果がある場合があります。中身の入っていないペットボトルより、ある程度中身の入ったペットボトルを好む赤ちゃんの方が比較的多いです。振ったり、逆さにする事を考慮して、ペットボトルは炭酸飲料以外のお茶やミネラルウォーターがオススメです。

なんのグッズも使わない方法としては、単純にお子さんの目線を変えるテクニックもあります。ぐずる原因には、単調な景色に飽きているというケースもあります。そこで、ベビーカーの位置を変えたり、お子さんの座り方を変えるだけでも視覚が新鮮になり機嫌が直る場合があります。

ベビーカーからおんぶ紐・だっこ紐に変えるというのも視点が大きく変わります。お出かけの際には、おんぶ紐・だっこ紐を携帯しておくと、イザという時にとても便利です。それでも、ぐずりが止まらない場合には、必殺のお菓子攻撃になります。

しかし、お菓子でも周りに飛び散るようなお菓子だと迷惑を掛けてしまいます。タマゴボーロや、小さくて一口で口に入るお菓子なら、そういう心配もいらないので便利です。

それからジュースは、お子さんが強く押して中身が飛び出してしまわないように気をつけましょう。紙パックの左右の角を開いておくと、圧力が低下して飛び散るのを防ぐ事が出来ます。

寝ぐずり対策に効果絶大。ベビーキャーリーについて

このページの先頭へ