超効果的!!ドライブは寝ぐずり対策の王道

 赤ちゃんの気分転換として、ドライブを選択するパパ・ママは多いでしょう。

移動手段としては、バスもタクシーも電車もありますが、公共交通機関では寝ぐずりを起こした時に周囲に気を使います。その点では、ドライブは家族しか、車には乗っていませんから、気が楽ですね。

ですが、不思議な事に、この赤ちゃんをドライブに連れていくという行為、両極端に分かれてしまうのです。一方の親御さんは、ドライブ中、赤ちゃんもスヤスヤ寝てくれて快適にドライブ出来るとコメントしています。ところが、もう一方の親御さんは、「ドライブ中、ずっとギャン泣きしてて、ストレスが溜まった」と言います。

この違いは、どこにあるのでしょうか?単に赤ちゃんの個人差なのでしょうか?実は、赤ちゃんがドライブでギャン泣きするか、スヤスヤ寝ているかは、ドライブの時間帯にあります。これは時間帯が大きく関係していると言われています。

赤ちゃんが寝ぐずりしないで、ドライブ出来る時間は、赤ちゃんが眠りそうになっている時間なのです。この時間に車に乗せると、車の振動とチャイルドシートのホールド感でスヤスヤ寝てくれます。

反対に、赤ちゃんが動きまわりたい時間に、車に乗せると、チャイルドシートのホールドで不機嫌になります。その状態を継続させると、ギャン泣きまでに発展してしまい、大変な事態になるのです。

寝ぐずり対策としてのドライブは、赤ちゃんが眠りそうな時間に行う、これを覚えておきましょう。

普段から、規則正しく赤ちゃんに運動させて、適度に疲れさせる事が出来れば、眠りのサイクルを掴む事が出来ます。それから、赤ちゃんを乗せてのドライブでは、長時間の運転は避けるようにしましょう。すやすや眠っていても、突然起きてしまえば、退屈から寝ぐずりが始まるかも知れません。

この時に、停車できない場所にいると、ギャン泣きにまっしぐらと言う恐ろしい事も起きかねません。出来れば、30分毎に休憩を入れて、車の換気をしたり、親御さんも軽く運動をするなどしましょう。

上記の注意点さえ守っていれば、ドライブは効果的な寝ぐずり対策といえます。

寝ぐずり対策に効果絶大。ベビーキャーリーについて

このページの先頭へ