便秘は寝ぐずりの原因の1つ

乳幼児期は、まだ腸の動きも未発達なので、おっぱいを飲むと、すぐにウンチになって出てきます。育児をした経験がある親御さんなら、最初の頃は、一日、10回近くのウンチを赤ちゃんがしていたことを覚えているでしょう。このように、赤ちゃんと言えば、お腹ゆるゆるのイメージがあるものです。

しかし、最近では、赤ちゃんの頃から、便秘がちの赤ちゃんが増えているというのも、また事実なのです。これには、ママの食生活が変わり、おっぱいの成分が変わってしまったという原因もあります。

おっぱいは、血液の成分が変化したものなので、食生活の影響を直接に受けてしまいます。それ以外の方法としては、赤ちゃんの運動不足も原因としてあるようです。最近は核家族化で、家が狭くなり、赤ちゃんはハイハイ期間を卒業して、直ぐに立って歩くようになります。その為にハイハイ期間に、鍛えられる腸の動きが、鍛えられず便秘がちの体質になっているようです。

そして、寝ぐずりの原因にも、この便秘が関係している事もあります。

私達大人でも、便秘になると憂うつで、体調を崩すばかりでなく、イライラしたりしますよね?赤ちゃんも、それは同じでお腹が張れて、苦しかったり、痛かったりし、寝ぐずりを起こすのです。

このような、赤ちゃん便秘では、まずは、ウンチを出す事を重点的に考えないといけません。簡単な方法としては、赤ちゃんのお腹を「の」の字型に、さすってあげる方法があります。このマッサージは入浴後に、行えば、さらに効果は倍増するので、オススメです。

こうする事で、腸に刺激を与えて、定期的な排便を促す事が出来ます。それでも、ウンチが出ない場合には、綿棒にベビーオイルを塗って肛門を刺激する方法があります。

綿棒の先で、粘膜を傷つけないようにする必要はありますが、綿棒の白い部分が見えなくなる程度までは抜き差しします。見た目は簡単な浣腸という感じですが、かなり効果が高い便秘の解消方法です。

ただ、便秘は、赤ちゃんの運動が不足している場合にも起こるので、適度な運動で解消されるケースもあります。

寝ぐずり対策に効果絶大。ベビーキャーリーについて

このページの先頭へ