アロマで寝ぐずり解消

 赤ちゃんの寝ぐずりは、いつ起きるか分かりません。

どのパパやママでも「さっきまで機嫌よく寝ていたのに、今はギャン泣き」という経験があるのではありませんか?特に、赤ちゃんとお出かけ中に寝ぐずりを起こしてしまうと大変です。

適当な場所に、必ずママと赤ちゃんが入れるような育児室が必ずあるわけでもありません。例えば、おっぱいをあげようとしても授乳室が近くになかったりしたら、とても困りますよね。

電車に乗っている時に、赤ちゃんがギャン泣きして、周囲の視線に耐えられず途中下車してしまった。そういう嫌な経験をした事があるママも多いのではないでしょうか?そんな場合に、少しでもご機嫌斜めな赤ちゃんの気分転換をするのには、アロマが有効だったりします。

例えば、ラベンダーの精油は、気持ちをリラックスさせる効果があり、大人でも赤ちゃんでも使う事が出来ます。使用方法としては、赤ちゃんが寝ぐずりを起こしそうだなと思ったら、清潔なハンカチやタオルに精油を数滴垂らします。これを赤ちゃんの頭の近くに敷いて、背中をトントンしてあげましょう。出来るなら、子守唄を歌ったり、少し身体を揺らすなどしてあげると赤ちゃんは、よりリラックスしてくれます。

また、ラベンダーの効果は、ママにも現れますから、イライラが解消されて一石二鳥ですよ。現在は、100円ショップでも様々な香りは売られていますが効果はちゃんとした精油よりは低いのが現状です。できれば、アロマに関しては、高くても品質がしっかりしている商品を選んだほうがいいと思います。

精油はラベンダーばかりではなく、ママが好きな香りでもいいですが、調べないで安易なアロマは使うのは注意が必要です。

それらの香りの中には、赤ちゃんには強すぎる物があったりし、逆効果になってしまうからです。それ以外にも、アロマの中には、妊娠中のママには、使ってはいけない香りもあります。最初にあげたラベンダーの香りも、妊娠中には子宮の収縮を起こすとされていて避けるべき香りなので、アロマを使用する場合は事前調査を必ずおこないましょう。

寝ぐずり対策に効果絶大。ベビーキャーリーについて

このページの先頭へ