とっさのアイデアで寝ぐずり解消

赤ちゃんの機嫌は、私達大人には分かりません、さっきまで笑っていたのが今はギャン泣きも珍しくありません。そして、このような場合、私達は「どうしたら泣きやむのか?」と考えてしまいます。しかし、それよりも、「泣きやむまでにどんな方法が試せるか?」と考えてみるのもいいでしょう。

赤ちゃんのギャン泣きを止められそうな方法の引き出しが沢山あれば、心にも余裕が持てますよね。そのような時に使えるアイデアとして秀逸なのが、赤ちゃんを服の中に入れてしまうという方法があります。

やり方は簡単で、泣いている赤ちゃんを、親御さんの着ている服の中にすっぽりと入れてしまうだけです。こうしてしまうと赤ちゃんは視界が遮られ、音も心臓の音しか聞こえなくなるのでビックリして泣くのを忘れてしまうのです。また、この状態は、ママのお腹の中にいる状態に似ているので安心して、赤ちゃんは眠ってしまう事もあります。ただ、この方法は、お腹が空いている時や、遊びたい時には殆ど効果がありません。

別の方法としては、少し恥ずかしいかも知れませんが、泣いている赤ちゃんの前で踊るという方法があります。踊りは、何でもいいのですが出来るだけ、オーバーな振りがある踊りがいいでしょう。赤ちゃんは、どういう理由か分かりませんが、目の前で踊られると寝ぐずりを止める傾向があるそうです。突然、大人が踊り出したのでビックリしたのでしょうか?

子育て中は、中々外出もできず、運動不足で太ってしまう親御さんも多いです。ここは、開き直って、運動不足とストレス解消とばかりに踊り狂うのもいいかも知れません。ですが、くれぐれも、周囲の目線には注意して、誰かに見られていない事を確認してから行いましょう。

それから、掃除機の音は、赤ちゃんを落ち着かせてリラックスさせる効果がある場合があります。寝ぐずりが止まらない時は、掃除のチャンスと思って、掃除機を掛けてみてはいかがでしょうか?ただ、排気が直接赤ちゃんにかからないよに注意はしておきましょう。

このように、探してみると、元手要らずの寝ぐずり対策は意外に多いのです。いずれも、絶対効果があるとは言えませんが、手当たりしだいに試してお子さんに会う対策を見つけ出しましょう。

寝ぐずり対策に効果絶大。ベビーキャーリーについて

このページの先頭へ